「ツイッターで参考になりますと言われることが増えました」

購入者さんからメールを頂きました。

——

最近パワーサイトの記事を更新するたびに
ツイッターで「参考になります」と言われる事
が多くなりました。

単純に嬉しいですね^^

ツイッターを導入してから双方向のコミュニケーションが
取れるようになり、どんな事で悩んでいるのかや
どんな話題で盛り上がるのかを気づく事が多いです。

「人の役に立つサイト」を考えながら記事を書いて
きましたが、少しずつ形になりつつある気がします。

ツイッターでのコミュニケーションも取り入れつつ
初心を忘れる事なく「人の役に立つ記事」を常に
意識してコンテンツを増やしていきたいです。

アフィリエイトが目的ですのでまだまだ課題は
ありますが、少しずつサイトのファンになって
頂けるようじっくり取り組みます。

——

コンテンツの薄いアフィリサイトの最大の欠点というのは
簡単にライバルにパクられることです。

ペラサイトやPPCアフィリサイトというのは、力のある
アフィリエイターに参入されたらすぐに稼げなくなるので
私はおすすめしていません。

よって、アフィリエイトで長期的に稼ぎ続けるには、

【ライバルといかに差別化するか?】

を考えることが重要です。

そして、差別化を考えた時に最も効率的なのが、

【自分の好きなことや得意なジャンルで勝負をすること】

だと私は考えているので、パワーアフィリエイトでは
このテーマを中心に解説しています。

ただし、全員が自分が選んだジャンルで稼げるとは
限らないので、教材内では稼ぎやすいテーマなども紹介しています。

●「ツイッターで「参考になります」と言われる事
が多くなりました。」

ペラサイトの量産を実践している人はツイッターやフェイスブックも
取り入れようなんて考えていませんので、こういったことを積み重ねて
いくことが最大の差別化になります。

●「ツイッターを導入してから双方向のコミュニケーションが
取れるようになり」

【双方向】というのは非常に大事なポイントですね。

一般的なサイトやブログというのは、一方的に情報を
流しているだけですが、ユーザーとのコミュニケーションを
大事にすると、どんなコンテンツが求められているのかわかるので、
魅力的なサイトへと育てていくことが可能になります。

●「少しずつサイトのファンになって
頂けるようじっくり取り組みます。」

サイトでもメルマガでもファンというのは大事です。

ファンができるとコメントやメールなどを通じてユーザーの
心理がわかるようになるので、ますます魅力的なコンテンツが
完成していき、これがさらなる差別化にも繋がります。

このレベルまで到達すると新規参入者は追いつけなくなるわけですが、
まずは教材内にあるようなリサーチ法などを駆使して
ユーザーを満足させるコンテンツを用意しましょう。

アフィリエイトの世界は消えていく人も多いですが、
参入者も多いので、常に長期的に稼ぎ続けるための
努力は惜しまないようにしましょう。

タグ

2011年7月9日 |

カテゴリー:PA実践者様からのメール

最新情報

関連記事

人気記事

  1. VENEXリカバリーウェアは効果なし?評判は?4ヶ月着用した感想・レビュー
  2. 「ヤフカテ狙いのパワーサイトを5つ作成予定です」
  3. 趣味ブログで楽天アフィリエイト 2日で1.129.800円の売上
  4. Googleによるペラサイト規制開始。当然の流れです
  5. 「アンリミテッドアフィリエイトで挫折しましたが、今回は成果が出ました」
  6. 「崖っぷちこそ、成長の場所」「甘えが生じる環境では勝てない」
  7. アマゾンアフィリエイトは安定してます
  8. 海外旅行で大切なものを失う前に。iPhone・iPadの紛失盗難対策
  9. 「自己分析にはかなりハマってしまい手書きでマインドマップ」
  10. 「ページランク3や4のサイトと相互リンクしてもらえました」
  11. 「今までないくらい丁寧で親切なマニュアルだと思います」
  12. 「対談音声を聞き終えて自分にもやれそうだと思いました」
  13. 「おかげさまで月3万円稼げるようになりました」
  14. Google:低品質サイトのランクを下げるアルゴリズム変更
  15. 男性にとって究極の自己投資とは筋トレ
  16. 良いスタートを切りました。ジワジワと売れてます
  17. アフィリエイトでおすすめのノートパソコン(PC)について
  18. 「もうネット商売は辞めようと思っています。期待しています。」
  19. 「価格コムの口コミで紹介されページランク3のサイトと相互リンク」
  20. 「教材自体が難しすぎて意味が全く分かりませんでした」

このページの先頭へ