「パワーサイトのテーマ設定で悩んでいます」

購入者のAさんからご質問を頂きました。

————————————————-

【質問】

お世話になっております。
現在アクションプランの9日目です。

日記ブログ:
FC2で○○日記(UU10/日)

プライベートブログ:
Amebaで○○商品のレビュー(UU30/日)
を書いています。

しかし、パワーサイトのテーマで迷っています。

自己分析などした結果、
3つの条件にあうテーマとして
○○(悩み系キーワード)の育児奮闘記の
ようなものを考えています。

ヤフカテでもそれ以外でも育児日記は
いくつもあるみたいですが、
このテーマはほとんどなさそうです。

需要があるのかよくわからず、
気を付けないと批判を受けてしまうような
テーマなのですが、若月さんのご意見を
お聞かせ願えないでしょうか。

お忙しいところ恐縮ですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

————————————————-

【回答】

●テーマの決め方

最近の私はクライアントさんに対して
以下の要素からテーマ設定をしてもらっています。

これはネットだけでなく
リアルビジネスでも必要な要素です。

・理想のビジネスに必要な4つの要素

得意(知識・スキル・経験がある理由):
情熱(時間を忘れて没頭できる理由):
良心(後ろめたくない理由):
需要(必要とされていると判断できる理由):

おそらくAさんの○○という悩みは
この4つを満たすものだと思うので話を進めます。

●需要はあるか?

需要は間違いなくあるでしょうね。

なぜならAさんがこれまでずっと悩んできたということは、
他にも同じ悩みを抱えている人は必ず存在するからです。

また、○○というテーマで本はたくさん出版されていますし、
この悩みとは関わりのない私でも知っているキーワードなので
世間の関心も高いのではないでしょうか。

ちなみに、過去に在籍されていたクライアントさんも
このテーマで取り組まれており、
アクセスがけっこう集まるパワーサイトに育っていました。

●奮闘記はやめましょう

趣味としての日記が目的であれば
奮闘記でも良いですが、ビジネスとして
パワーサイトを構築するために
取り組まれるのですよね。

人がネットで情報を検索する理由は
悩みを解決したり欲しいモノを探すためです。

従って、奮闘記はサブとして、
メインコンテンツは○○に悩む人にとって
役に立つ有益な情報を載せるべきでしょう。

(Aさんの悩み体験談をベースにする)

●批判は恐れない

批判を恐れていてはビジネスはできないです。

例えば、
どんなに自分が素晴らしいと思う書籍でも
アマゾンでは低評価のレビューもありますよね。

つまり、
読者全員に受け入れられることなど不可能ですので、
自分の考えや価値観に共感してくれる人だけに向けて
メッセージを伝えましょう。

●差別化のポイントは?

○○だけでは対象者が多すぎるので
もう少し絞りましょう。

この時のヒントとなる考え方が
過去の自分を思い出すことです。

例えば、
「○○ 30代 主婦」
というように3つの要素を組み合わせると良いです。

これでも競合が多い場合は
さらに要素を増やして絞ります。

別の例ですと、

A:「婚活 30代 男性」
B:「婚活 40代 男性」

となりますが、

このAとBのウェブコンテンツは
全く違うものになりますので、
最低でもこれくらいは絞りましょう。

ちなみに、

A:「婚活 30代 男性」
と絞っても、実際には20代や40代の男性にも
役に立つコンテンツも含まれ、彼らからのアクセスも
ありますので、絞ることに対して恐れる必要はないです。

つまり、
メインターゲットは、30代
サブターゲットは、20代、40代
と考えてください。

(さすがに10代、50代、60代以上は
世代が離れすぎて対象にはなりません)

テーマを絞ると、

・ライバルが減る
・対象者が減るからターゲットが明確になる
・紹介すべき商品やサービスも明確になる

というメリットがあります。

また、ライバル調査のポイントの1つは
自分が運営したいと思うようなサイトが
すでに存在しているか否かです。

もしも存在していれば、
さらに差別化する必要がありますし、
なければ、他のサイトの良いポイントを参考にしつつ
オリジナルのウェブサイトを構築していきます。

●誰に向けた内容にするか?

ここまでで、
「○○ 30代 主婦」という組み合わせで
考えてみました。

では実際にどんな記事を
書いていくべきなのか?

まずは、Aさんが
○○にもっとも苦しんでいた時の
過去の自分を思い出して、
その時のエピソードを記事にしていきます。
(20記事以上)

そして、次にヤフー知恵袋などの
Q&Aサイトの該当するテーマに関連する
質問を参考に、自分の体験談を
踏まえた回答もQ&A記事にしていきます。
(20記事以上)

このようにして、30記事から50記事くらいを
頑張って1日1記事ペースで定期的に投稿していると
だんだんとアクセスが来ます。

(アクセスが来ない時は
テンプレートを有料のものにしたり、
コメント回りなどで交流を増やす)

●どんな商品を紹介するか?

グーグルアドセンス(何も紹介できる商品がないときに便利)
アマゾン
楽天
A8ネット
インフォトップ

などの中から該当する商品がないか探しましょう。

●まとめ

1.理想のビジネスに必要な4つの要素を
満たすテーマを見つける

2.競合調査、ターゲット調査、商品調査を行う

3.30から50記事くらい書いてみる(1〜3ヶ月費やす)

4.ビジネスに100発100中はありえないので、
3ヶ月くらい運営してあまり反応がないようなら
次のテーマを探す。

3ヶ月経過した時点で良い感じなら、
次の3ヶ月でさらに伸ばしていく。

以上となりますが、
参考になりましたでしょうか。

タグ

2014年5月3日 |

カテゴリー:PA実践者様からのメール

最新情報

関連記事

人気記事

  1. VENEXリカバリーウェアは効果なし?評判は?4ヶ月着用した感想・レビュー
  2. 「ヤフカテ狙いのパワーサイトを5つ作成予定です」
  3. 趣味ブログで楽天アフィリエイト 2日で1.129.800円の売上
  4. Googleによるペラサイト規制開始。当然の流れです
  5. 「アンリミテッドアフィリエイトで挫折しましたが、今回は成果が出ました」
  6. 「崖っぷちこそ、成長の場所」「甘えが生じる環境では勝てない」
  7. 海外旅行で大切なものを失う前に。iPhone・iPadの紛失盗難対策
  8. アマゾンアフィリエイトは安定してます
  9. 「自己分析にはかなりハマってしまい手書きでマインドマップ」
  10. 「ページランク3や4のサイトと相互リンクしてもらえました」
  11. 「今までないくらい丁寧で親切なマニュアルだと思います」
  12. 「対談音声を聞き終えて自分にもやれそうだと思いました」
  13. 「おかげさまで月3万円稼げるようになりました」
  14. 男性にとって究極の自己投資とは筋トレ
  15. Google:低品質サイトのランクを下げるアルゴリズム変更
  16. 良いスタートを切りました。ジワジワと売れてます
  17. アフィリエイトでおすすめのノートパソコン(PC)について
  18. 「もうネット商売は辞めようと思っています。期待しています。」
  19. 「価格コムの口コミで紹介されページランク3のサイトと相互リンク」
  20. 「教材自体が難しすぎて意味が全く分かりませんでした」

このページの先頭へ