「読み始めてアイデアがどんどん湧き始めました」

購入者さんからメールを頂きました。

——–ここから——–

■メッセージがあればどうぞ(^^):

まだ、読み始めて間もないのでこれからですが、私はヤフオクとせどりで
少し実績があります。(月に15万~30万)これのネタでブログも
持っているのですが、もっと分かりやすいものを作る予定です。

それから、読み始めてアイデアがどんどん湧き始めました。
そのアイデアもブログにしていきます。

成果がでたらすぐに報告しますね。

■ご感想やご質問があればご自由にお書きください:

パワーアフィリエイトを読み始めたばかりですが、すぐに実行に移したのは、
時間管理です。今までは、だらだらとやってたこと多く、気がつくと
あっという間に時間が経っていました。

そこで、携帯のタイマー機能を使って、30分で区切る。
これを繰り返しています。これでずいぶん集中できるようになりました。

■いま現在のあなたの悩みは何ですか?:

仕事が忙しく(泊りの仕事がある)毎日継続的にできないことです。
でも、泊りのない時は、一日5時間くらいは取り組めそうなので、
集中・集中で頑張ります。

——–ここまで——–

●「読み始めてアイデアがどんどん湧き始めました。
 そのアイデアもブログにしていきます。」

人というのは新しい情報を取り入れている時に、脳ミソの中にある
既知の情報と結びつき、新しいアイディアが生まれることが多いそうです。

アイディアというのはすぐに忘れてしまいますから
欠かさずメモをしましょう。

私は外出時はケータイに、事務所にいるときはマインドマップや
エバーノートにメモしています。

あと、お風呂に入っている時などのリラックスしている時に
アイディアというのは浮かびやすいそうです。

●「携帯のタイマー機能を使って、30分で区切る。
これを繰り返しています。これで集中できるようになりました。」

人間は怠惰なので時間は有限であることを常に意識する必要があります。
30分集中するだけでもかなりの作業ができますよ。

人はせいぜい1日3時間くらいしか集中できないので
この3時間をいかに有効に使うかでその後の結果が変わってきます。

だから、副業だから忙しいとかは全く関係ないです。
専業の人は時間がありすぎてダラダラやってしまう傾向にあります。

(経験者は語る)

●「仕事が忙しく(泊りの仕事がある)毎日継続的にできないことです。
でも、泊りのない時は、1日5時間くらいは取り組めそうなので、
集中・集中で頑張ります。」

おそらく8割の人は副業として取り組んでいるとおもうので
自分以外の人も忙しい中頑張っているんだ、と考えてみると
良いでしょう。

また、専業の人というのは会社という保険がないためリスクと
隣合わせで取り組んでいます。

どちらの状態もメリット・デメリットがあるので
自分に合うほうを選択すれば良いと思います。

副業で稼いでいる人もたくさんいるので忙しさを
言い訳にしてはダメです。

是非頑張ってみてください(^^)

タグ

2011年2月27日 |

カテゴリー:PA実践者様からのメール

最新情報

関連記事

人気記事

  1. VENEXリカバリーウェアは効果なし?評判は?4ヶ月着用した感想・レビュー
  2. 「ヤフカテ狙いのパワーサイトを5つ作成予定です」
  3. 趣味ブログで楽天アフィリエイト 2日で1.129.800円の売上
  4. Googleによるペラサイト規制開始。当然の流れです
  5. 「アンリミテッドアフィリエイトで挫折しましたが、今回は成果が出ました」
  6. 「崖っぷちこそ、成長の場所」「甘えが生じる環境では勝てない」
  7. 海外旅行で大切なものを失う前に。iPhone・iPadの紛失盗難対策
  8. アマゾンアフィリエイトは安定してます
  9. 「自己分析にはかなりハマってしまい手書きでマインドマップ」
  10. 「ページランク3や4のサイトと相互リンクしてもらえました」
  11. 「今までないくらい丁寧で親切なマニュアルだと思います」
  12. 「対談音声を聞き終えて自分にもやれそうだと思いました」
  13. 「おかげさまで月3万円稼げるようになりました」
  14. 男性にとって究極の自己投資とは筋トレ
  15. アフィリエイトでおすすめのノートパソコン(PC)について
  16. Google:低品質サイトのランクを下げるアルゴリズム変更
  17. 良いスタートを切りました。ジワジワと売れてます
  18. 「もうネット商売は辞めようと思っています。期待しています。」
  19. 「価格コムの口コミで紹介されページランク3のサイトと相互リンク」
  20. 「教材自体が難しすぎて意味が全く分かりませんでした」

このページの先頭へ